陰部にできた性器ヘルペスを自力で治した方法と知っておきたいヘルペスの事

陰部にできた性器ヘルペスを自力で治しました

ヘルペス以外の性病

性器クラミジア感染症の原因と治療方法

投稿日:

性器クラミジア感染症とは、クラミジア・トラコマチスという真菌の一種である最近に感染することで引き起こされる性病です。

性器クラミジア感染症の患者が多い理由は、無症状である場合が多いからです。

男性、女性それぞれに引き起こされる症状は違いますが、男性の場合は感染者の半数が、女性の場合はなんと8割以上が無症状であるため、知らず知らずのうちに性交相手に感染させてしまいます。

そのため、感染者の数はどんどん増えていき、今では国内で一番患者数の多い性病となっています。

性器クラミジア感染症 男性の症状

男性の場合は感染から2週間程度で排尿時に痛みを伴うようになります。
その痛みも人により様々です。

<主な症状>

  • 尿道に熱さを感じる
  • 痛みにむずむずとした痒さが伴う
  • 切れたような鋭い痛みを感じる

この時点ですぐに病院へ行くと治療も短期間で簡単にすむのですが、こうした症状が現れてから10日前後放置すると、クラミジア・トラコマチスは尿道から前立腺へと進み、そこから睾丸へと進んでいきます。

前立腺や睾丸にクラミジア・トラコマチスが感染すると、睾丸周辺に腫れを感じ、歩く度に振動によって強い痛みを感じます。

場合によっては、歩くことさえ出来ないほどの痛みを感じることもありますし、不妊症になってしまうこともあるので、やはり排尿時の痛み、違和感を感じた時点ですぐに病院に行くのが一番です。

性器クラミジア感染症 女性の症状

女性の場合は男性よりも少し遅く感染から3週間前後で症状が発生します。

<主な症状>

  • 性器に痒みが出る
  • 嫌な臭いが発生
  • 水っぽいおりものが出る
  • 性交時に痛みを感じる

こうした女性の症状は、日常でも感じることがある症状のため、男性と比べると症状から感染したことに気づくにくいので、結果感染を拡大させてしまうことに繋がっています。

性器クラミジア感染症になった場合の治療方法

基本的にはジスロマックという抗生物質で行います。

性器クラミジア感染症には抗生物質ジロマック

ジスロマックの成分であるアジスロマイシンは、体内でクラミジア・トラコマチスに対し10日程度の間効果を発揮します。

早めの段階で利用すれば、たった一度の服用で完治することが出来ます。

性器クラミジア感染症は2~3日程度完治する場合が多い

症状が重い場合でも2回~3回程度の服用で完治する場合がほとんどのため、治療で苦労することはありません。

こうした治療の簡単さからも性器クラミジア感染症について理解し、感染症の症状にあてはまる場合すぐに病院に足を運べるようにしておきましょう。

また、性器クラミジア感染症は粘膜の接触により感染する症状なので、コンドームを使用していれば感染することはありません。

そのため性交を行う際には自分だけではなく、パートナーの健康を守るという意味でもコンドームの使用を心懸けるようにしましょう。





-ヘルペス以外の性病

Copyright© 陰部にできた性器ヘルペスを自力で治しました , 2017 AllRights Reserved.