陰部にできた性器ヘルペスを自力で治した方法と知っておきたいヘルペスの事

陰部にできた性器ヘルペスを自力で治しました

ヘルペス以外の性病

腟トリコモナス症の原因・症状・治療法について

投稿日:

腟トリコモナス症とは

腟トリコモナス症とは、トリコモナス原虫という微生物が女性の膣内に入り込んで引き起こす感染症です。
原虫というと気持ち悪いと思う人もいるでしょうが、正確には虫ではなくて微生物です。
ウィルスよりは大きいので、病院に行けば顕微鏡で確認できます。
トリコモナス原虫は男女関係なく感染する可能性があり、女性が感染すると「腟トリコモナス症」、男性の場合は単に「トリコモナス症」といいます。
今回は女性の「腟トリコモナス症」について紹介します。

腟トリコモナス症の症状

腟トリコモナス症の潜伏期間は人により違いますが、基本的に数日~1ヵ月程です。
人により症状が出ない場合もあるのですが、トリコモナス原虫が体内に潜伏したまま何年も存在し続けていることもあります。
その為に、いつの間にか高齢者が感染していて忘れた頃に発症するというケースもあるのです。

女性が腟トリコモナス症に感染すると、以下の様な症状があります。

  • 外陰部のかゆみ、痛み、腫れ、ただれ
  • 排尿の時に痛む
  • 不正出血
  • 性交時に痛む
  • おりものに異常が出る

上記のうちで最も自覚症状が出易いのがおりものの異常です。
腟トリコモナス症によるおりものの異常には以下のものがあります。

  • おりものの悪臭
  • おりものが白い泡の様になる
  • おりものが黄緑色や白く濁った色になる

おりものの悪臭は特に分かり易く、トリコモナス原虫により膣内の常在菌が死滅してしまう為に起こります。
性感染症にはおりものの異常を伴うものが多く、腟トリコモナス症の他にも「性器カンジダ症・クラミジア・淋病」などがあります。
おりものの異常に気付いたら早目に医療機関を受診しましょう。

腟トリコモナス症になる要因

腟トリコモナス症の直接の原因はトリコモナス原虫ですが、感染する要因が幾つかあります。
中でも最も多いのが性行為による感染です。
トリコモナス原虫は、性行為により保菌者の性器の粘膜に接触することで感染するものです。
男性の場合、感染しても自覚症状がないことが多いので、コンドームを使用せずに性交をすることで、自分でも気づかないうちにパートナーの女性に移してしまうことが多いのです。

腟トリコモナス症は性行為だけではなく、他にも感染経路があります。
トリコモナス原虫は水中で長時間生きていますので、便器や浴槽、下着やタオルにも付着します。
子供がお風呂やプールで感染するケースもあるのです。

腟トリコモナス症の治療方法

腟トリコモナス症の治療方法で最も多いのが「フラジール」という抗トリコモナス剤の飲み薬を使用するものです。
市販薬はなく、医療機関で処方箋を出して貰わなければ購入できません。

膣の炎症が酷く治療が必要な場合には、膣内に挿入するタイプの薬剤を使用したり、軟膏を塗布することもあります。
治療薬の副作用としてアルコールへの過剰反応がありますので、服用期間中はアルコールは避けましょう。

腟トリコモナス症は早目に治療すれば完治が可能な病気です。
おりものの異常に気が付いたら、恥ずかしいと思わずに早目に専門の医療機関を受診する様にしましょう。
また、ピンポン感染を防ぐ為にパートナーの男性も一緒に治療を受けることが大切です。





-ヘルペス以外の性病

Copyright© 陰部にできた性器ヘルペスを自力で治しました , 2017 AllRights Reserved.