陰部にできた性器ヘルペスを自力で治した方法と知っておきたいヘルペスの事

陰部にできた性器ヘルペスを自力で治しました

バルシビル 自力で完治

陰部にできた性器ヘルペスを自力で治しました。

更新日:

今まで全然気付かなかったんですが、実はヘルペスでした。

僕は26歳男です。
ヘルペスと気付いたのは4ヶ月前。彼女がヘルペスだったことを知ったからです。

初めはヘルペスって何?って感じでした。

聞いてみると、性器(外陰部)回りにできる水ぶくれみたいなもの。2~3年前に発症したらしく、外陰部に出来ると排尿が激痛を伴うらしい。

女性だけかと思ったら男性もできるらしく、主にsexで感染するらしいです。
感染を防ぐ為、その日から暫くはsexはお預け。

2日後、自分の性器にも小さいブツブツが発生。(陰茎の皮の部分)
でもこのブツブツ、昔からたまに発症していたのもなんです。
痛くも痒くもなく、皮膚炎か何かだと思って放っておくと、1週間ほどで治ってました。
しかし、今回彼女がそれをみて、これがヘルペスだよ、と。

彼女のヘルペスは大きいのが2つ出来ているみたいですが、僕の場合は小さい水ぶくれが何個もそこに集中して出来きていました。

スポンサーリンク




↓写真

before

クリックで拡大します。

一応モザイクかけてますが、こんな感じに出来ます。

女性は見ない方が良いかと…

この水ぶくれが割れるとヒリヒリします。

女性の場合はここに尿がかかってヒリヒリと痛むみたいです。
ホントに激痛らしいです。
傷口にオシッコかけたら痛すぎですよね。

 

性器ヘルペスを自力で治す方法

治療方法は病院で抗ウイルス薬を処方してもらう以外ないらしいです。

市販薬もありません。

抗ウイルス薬は市販出来ない医療用成分を含んでいるからです。

彼女が病院へ行った時の話を聞くと、『性器をまじまじと見られるよ』と…
医者が患部を見るのは当たり前なんですが、女性看護師とかの前はちょっと…無理です。

そこで僕は医薬品を通販で購入することにしました。

 

海外医薬品なら処方箋なしで通販でも買える

valtrex_01

※上記のバルトレックスは売り切れ。同じ成分でジェネリックのバルシビルの方が安くていいです。

▲ バルシビル(Valcivir)500mgの購入先

陰部の性器ヘルペスにはバルトレックスのジェネリック「バルシビル」

つい先日、また陰部の性器ヘルペスになりました。 薬は購入しておいたのですが、彼女もなるのでなくなるのが早い…。 そんなに安いものでもないので、たった2~3ヶ月で2箱(8,000円)とかは結構きつい。 ...

続きを見る

服用して3日ほどで水ぶくれがなくなりました。
▼3日目ぐらいの患部
※女性は見ない方がいいです。

after

クリックで拡大します。

ここまでくれば、もうほとんど治ってます。
ただ、治りかけたからと言って飲むのをやめると、また同じところに水ぶくれができます。最低5日は飲んでください。

 

陰部のヘルペス(性器ヘルペス)は完全には治りません

性器ヘルペスはヘルペスウイルスが原因なんですが、そのウイルスを完全に死滅させることはできないんです。
バルトレックスで抑えることはできますが、また再発します。

再発の可能性はほぼ100%。間違いなくなります。

 

病院で処方されるのは5日分のみ

病院で処方される薬はこのバルトレックスなんですが、保険の関係上5日分しか処方できません。
再発することを考えると、もっと欲しいですよね。

20代、30代、40代になると仕事が忙しくて病院に行ってられないと思います。

僕は休日出勤もあたり前だったのでホントに病院へは行けませんでした。
もちろん、病院の空いてる時間帯までに帰えれる訳がない。

『陰部のヘルペスになっちゃいまして・・・ははっ』って言って休めるわけがありません。

そんな状態なので、僕は病院行くことは諦めて(そもそも陰部を見せたくないので…)再発する前に買っておきました。

 

性器ヘルペスになってから注文は遅い

もし、性器ヘルペスになっているのならあらかじめ買っておくことをオススメします。

バルトレックスは海外医薬品なので到着に2週間ほどかかってしまいます。

2週間なんて待てるわけがありません。

女性ならばなおさら。2週間も激痛と戦う事になります。

パートナーに感染させる危険性があるので、早めの対処が肝心です。







-バルシビル, 自力で完治
-,

Copyright© 陰部にできた性器ヘルペスを自力で治しました , 2017 AllRights Reserved.